情報セキュリティポリシー

環境都市設計株式会社(以下、当社という。)は、当社が保有する情報資産を重要資産と位置づけ、これを適正に保護・管理することを目的として、情報セキュリティに関する基本方針を明文化した「情報セキュリティポリシー」をここに策定し、これを遵守します。

1.情報セキュリティポリシーの位置付け

この情報セキュリティポリシーは、情報セキュリティ対策の基本方針を定めるものと位置づけます。当社は、この情報セキュリティポリシーを、情報セキュリティ対策の最高位に位置付けて運用します。

2.情報セキュリティ管理体制

当社は、情報セキュリティ規程及び統括責任者を定め、情報セキュリティ対策の運用体制を確立します。これにより、全社レベルの情報セキュリティの状況を常に把握し、必要な対策を迅速に実施できる体制を整備します。

3.情報資産の管理

当社は、情報資産を保護し、安全性を確保するため、適切なセキュリティ対策を実施します。また、継続的に評価・見直しを実施しセキュリティレベルの確保・向上に努めます。

4.情報セキュリティ教育

当社は、情報資産を利用する者に対し、必要な情報セキュリティに関する教育を行い、情報セキュリティ対策に対する意識の維持及び向上を図り、情報資産の取扱に係わる法的・社会的責任を十分認識して業務にあたります。

5.事故の予防と対策

当社は、情報資産の運用・管理に関する事故の予防に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。

2010年 4月 1日
環境都市設計株式会社株式会社
代表取締役社長 伴野節男