技術部の紹介

技術部では、主に河川整備や道路整備などの社会基盤整備のコンサルタント業務を行っています。

コンサルタント業務は、 公共事業、民間事業を問わず、その事業目的を見据え、 事業が効率的に、受益者にとって最大の利益をもたらすよう、設計の枠を越えて発注者の支援を行うものと考えます。特に公共事業は、出資者が国民であることを念頭に、公共の安全が確保されるよう、事業を進める必要があります。

技術部は、各人の適正、スキルにあわせて業務を担当し、複数人で知恵を出し合いながら業務に取り組んでいます。若い世代の技術者が多いため、業務を仕上げていく毎に、コンサルタント業務に必要な技術力、提案力、コミュニケーション力を積み上げ、養っています。

各個人の能力はもちろん、組織としても成長し続けられるよう、創意工夫を重ねていきます。

技術部長 岩本 進